【ブログ】tto(ティートゥー)がおいしい理由

 tto(ティートゥー)がなぜおいしいのか、についてご説明します。今回は、使用しているお茶にフォーカスしてみます。

【クセのない味】
 tto(ティートゥー)は、20代から30代の方に向けて、お茶を気軽に生活の一部にしてほしい、と思って作ったブランドです。

t to(ティートゥー)がおいしい理由

 ですので、味についてはとにかく「クセのない」味を意識しました。お茶と言えばペットボトルのお茶に一番なじみがある人も多いかと思います。かなり味わいとしてはさっぱりゴクゴク飲める味に慣れているかと思います。

 そこで、t to(ティートゥー)もクセがなく、飲みやすく取り入れやすいものに絞りました。

 緑茶であれば、玉露のようにうまみが強すぎるものは避け、苦渋みは少なく甘みがあるものを選びました。

t to(ティートゥー) GOHAN TEA

 柿の葉とほうじ茶のブレンドも、柿の葉単体だとクセが強すぎます。そこで、香りの強いほうじ茶をブレンドし、味も香りもちょうどよい、飲みやすさを実現しました。

t to(ティートゥー)VIT-C TEA

 このように、「クセがなくゴクゴク飲める」ことを第一にしているので、お茶に慣れていない方にも飲みやすいんです。

【本当に良いものを】
 しかしそれだけではなく、お茶好きの方にも「このお茶はちゃんとおいしい!」とお褒め頂きます。それは、「クセがない」だけでなく、本当に良いものを使用しているからです。

 ジャスミン茶は、国内でも珍しい特級というランクのジャスミン茶を使用しています。何度も緑茶にジャスミンの花で香付けをしているので、水出しをしてもしっかりジャスミンの香りを存分に味わえます。
 「ペットボトルよりも安いのに、こんなにおいしいならもうペットボトルのジャスミン茶は飲めない」とおっしゃって頂いています。

t to(ティートゥー)REFRESH TEA

【お茶を日常に取り入れてほしいから】
 私たちは、お茶を日常に取り入れてほしくてtto(ティートゥー)を運営しています。ただおしゃれだから、ただ安いから、という理由だけでは本当にお茶を日常的に飲む習慣が出来るとは思いません。

 ですが、播磨屋茶舗の強みを活かせば、今ある「ティーバッグのお茶」をもっと若い方に向けてアップデートできるはず!と思っています。

 そのためにも、「おいしい」という価値は絶対に必要だし、私たちは自信があります。

 まだ試していない方は、ぜひ一度お試しください。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。